その他のご案内| エンゼルマザークリニック
Tel.025-281-1103イイオサン
エンゼルマザークリニック(ロゴ)
HOME 診療案内 院内施設 その他
その他のご案内(画像)
New! 免疫力をアップ!?からだを整えよう

【赤ちゃんとお母さんのためのごはん】
妊娠中は赤ちゃんのための栄養とお母さんのための栄養が必要です。単に「2人分」ではなく、妊娠時期によって必要な栄養素は少しずつ変化していきます。神経質になりすぎる必要はありませんが、ライフスタイルに合った食生活の見直しをしてみましょう。からだを冷やさない食事を意識することも大きなポイントです。
妊娠初期:0〜15週 まずは食生活の見直しをしましょう。この時期は赤ちゃんの栄養よりもお母さんに必要な栄養を考えます。 また妊娠を望む人、妊娠した人は積極的に葉酸を摂ります。葉酸はアスパラガス、アボカド、いちご、小松菜、ブロッコリーなどに多く含まれます。水に溶けやすい栄養素ですので、できるだけ新鮮な野菜や果物を生の状態で食べるのが理想的。卵や大豆製品と一緒に食べると効率よく働きます。 つわりの間は食べられるものを選びます。外出時は空腹を避けて糖質の補給を心がけましょう。また、つわりによる脱水予防のため水分補給も忘れずに。
妊娠中期:15〜27週 赤ちゃんが少しずつ育つ時期です。鉄分、ビタミン類、カルシウム、タンパク質など多めに摂るべき栄養素が増えてきます。とくに不足しがちな鉄分は妊娠中〜授乳中まで積極的に摂りましょう。鉄分は 摂り溜めができないので、毎食少しずつ取り入れることが大切です。レバー、赤身魚、あさり、小松菜、納豆などに多く含まれています。 また、つわりが治まると食欲が増してきます。体重管理を意識してカロリーの過剰摂取に気をつけましょう。
妊娠後期:27〜40週 赤ちゃんの成長が急速に進む時期です。バランスのよい食事を心がけます。 胃が圧迫されるときは少量の食事をこまめに食べるような工夫を。間食にはお菓子よりもおにぎりや野菜スープ、常備菜、ヨーグルトなどを選びます。 36週頃〜は産後に向けて質の良い母乳をつくる食事を意識しましょう。栄養のバランスはもちろん、低脂肪で高たんぱく質の食事、血液をつくる栄養素(鉄分、タンパク質、葉酸など)を摂るようにします。

(日)朝食「焼魚」「ほうれん草と炒り卵のおかか和え」「納豆」 和食は塩分の摂りすぎには注意が必要ですが、カロリーを抑えやすく妊娠中〜授乳中の方におすすめの食事です。何品も用意するのが難しい方も、ごはん(米)やパンなど主食だけで済まさず、豆類、海藻類、きのこ類、野菜類などの具材を多めに使って味噌汁を取り入れると栄養バランスが良くなります。
(日)昼食「玉ねぎとベーコンの蒸しパン」「さつま芋のポタージュ」 「チキンのアーモンドフライ」「さっぱりコールスローサラダ」 蒸しパンは少し甘めなのでお菓子感覚で食べることも多いですが、塩気をつけて“お食事系”のパンとしてもおすすめです。鶏むね肉の衣にはアーモンドをまぶしているので香ばしさを楽しめます。
(日)夕食「豆腐と茄子のドライカレー」「レタスと海鮮のサラダ」 豆腐の原料である大豆の栄養は100%近く消化吸収されます。高タンパクであることはよく知られていますが、その他にもコレステロール値を下げたり、老化を防止したり。女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」など注目の栄養素がたくさん含まれています。豆腐としてはそのままでは栄養が消化吸収されにくいので、食物繊維やビタミン、ミネラルを含む野菜類や海藻類と一緒に摂るようにしましょう。
(月)朝食「野菜のトマト煮」「チーズ入りビーンズサラダ」 具だくさんのトマト煮は野菜がたっぷり入っているので栄養満点。少しずつ朝が寒くなる時季には温かい煮込み料理はカラダが喜びます。野菜ばかりでは不足しがちなたんぱく質補給のため、数種類の豆を使ったサラダとチーズをつけます。塩分が気になる場合は、チーズの代わりに「茹で卵」等を添えても良いです。
(月)昼食「ぶっかけうどん」「いかのマスタード和え」「なめこのおろしポン酢」「フルーツポンチ」 麺類の料理は手軽に用意することができる一方で栄養バランスが偏ってしまうことがあります。タンパク質(肉類、魚類、卵・大豆類)や野菜が不足しないように心がけましょう。イカは茹で方を失敗すると固くなってしまうので注意が必要です。沸騰したお湯にイカを入れて、火を止めてフタをしてしばらく置いておくと余熱で茹であがります。火が通ったら鍋から取り出して、サラダや和え物にします。やわらかく茹でられるとイカのお料理のレパートリーが広がります。
(月)夕食「和風ハンバーグきのこソース」「かぼちゃの茶巾焼き」「野菜のごま酢和え」 ハンバーグは中強火でしっかり焼き目を付けたあとにフタをして蒸し焼きにすると、しっかり中心部まで火が通り、さらに肉汁が閉じ込められてジューシーな仕上がりになります。ハンバーグは薄味にし、旬のきのこを使ったソースをたっぷりかけて季節を味わっていただきたいと思います。
(火)朝食「秋野菜のとろみ煮」「青菜ともやしのおひたし」 寒くなるにつれ、根菜を中心に秋野菜を楽しみな時季になります。芋類は消化吸収に作用する食材です。消化吸収の低下は、胃もたれや脱力感、むくみなどのトラブルの原因になります。特にさつま芋は秋から冬にかけて旬となり、甘みが増すので美味しく食べることができ、お料理やおやつにも使えるおすすめの食材のひとつです。
(火)昼食「いわしのつみれ汁」「アジの南蛮漬け」「えのきとほうれん草の和え物」 青魚に豊富に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はオメガ3脂肪酸に分類され、近年では、えごま油やアマニ油も話題になっています。冷たい水中で生活する魚の脂肪は不飽和脂肪酸と呼ばれ、コレステロールや中性脂肪を下げ、健康効果が高いことで有名です。便秘解消の効果もあります。アジはたんぱく質と脂肪のバランスがよいので積極的に摂りたい食品です。
(火)夕食「春雨スープ」「レバニラ炒め」「ザーサイサラダ」 妊娠中は赤ちゃんの成長を支えるために鉄分を意識して摂る必要があります。摂りづらい栄養素のひとつですので貧血気味になる方も少なくないようです。摂りだめできない鉄分は毎食少しずつ取り入れるのがポイント。レバーはクセがあるので苦手な方が多いようですが、@牛乳や氷水を使ってしっかり血抜きをすること、Aにんにくや生姜で臭みを抑えることで美味しく食べることができます。
(水)朝食「温泉玉子の野菜あんかけ」「切干大根の煮物」 1日に摂りたい野菜は350g(緑黄色1:淡色2)です。一度に食べるには多いですが、3食に分けると達成しやすくなります。煮ている間に溶けた野菜の栄養をしっかり食べるために、くず粉や片栗粉で とろみをつけるのがおすすめです。温泉玉子(半熟卵)は生卵やゆで卵に比べて胃での停滞時間が短くて負担が少ないので体調の優れない時にもおすすめです。
(水)昼食「さんまの和風ペペロンチーノ」「オニオントマトスープ」「チョップドサラダ」 さんまは良質なたんぱく質を含み、貧血予防効果のある鉄分や粘膜を丈夫にするビタミンA、カルシウム、ビタミンDなどの栄養素を含んでいます。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があるDHAを多く含んでいるのも特徴です。和食だけでなく酒や生姜で臭みをしっかり抜くことでパスタやサラダのような洋食にもしっかり馴染んで美味しく食べられます。
(水)夕食「新潟タレかつ丼」「茄子と豆腐のサラダ」「黒ごまプリン」 タレかつはカリッと揚げた豚かつを甘じょっぱいタレを絡めた新潟ではなじみ深い料理です。当院のタレかつは脂が少ない赤身の豚肉(ヒレ肉)を利用し、特製のタレはやや甘めに仕上げています。ヒレ肉は高タンパク、低脂質で疲労回復のビタミンB1を多く含み、肌荒れや口内炎などにも良いとされています。
(木)朝食「鶏肉と大根のコロ煮」「エリンギとセロリのサラダ」「オクラ納豆」 鶏肉は牛肉や豚肉に比べてからだを温める作用があるといわれています。圧力鍋を利用すると、鶏肉も大根も早く火が通り、味がよく染みた煮物に仕上げることができます。サラダにはエリンギと舞茸の2種類のきのことセロリが入っています。きのこはカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDが豊富で、さらに舞茸はきのこの中でもビタミンB2が多い食材として知られています。
(木)昼食「さつま芋と麩の味噌汁」「牛肉コロッケ」「かきあえなます」 牛肉コロッケはひき肉は使わず粗めに刻んだ牛もも肉を使用することで、お肉の甘みを感じやすく食べ応えのあるコロッケに仕上げています。かきあえなますは紫色の食用菊(かきのもと)を使用した新潟の郷土料理のひとつです。しいたけ、人参、蓮根、きゅうり、切干大根、オクラなど数種類の食材を使用しているので食感を楽しみながらバランスの良く栄養素を摂ることができる一品です。
(木)夕食「菜めし」「おでん」「魚のピリ辛味噌焼き」「ほうれん草の磯香和え」 大根の葉は栄養の宝庫。葉の部分にはビタミン、カリウムが豊富に含まれていて緑黄色野菜に分類されます。刻んでお味噌汁やサラダ、和え物など様々なお料理に加えて利用しましょう。すぐに使用しない場合は冷凍保存もできます。おでんは沸騰させない程度のとろ火でじっくり煮るのがポイント。練り物は別に煮ることで、澄んだ汁に仕上げることができます。
(金)朝食「あずき粥」「小松菜のあっさり煮」「かぶのツナサラダ」 当院ではお粥の朝食をご用意します。食物繊維やビタミンが豊富な小豆はおやつとしての「あんこ」のイメージが強いですが、しっかり水に浸しておくと、様々な料理に生かして食べることができます。お米と一緒に炊くと、鮮やかなピンク色に染まり見た目としても楽しめます。塩気のほかに砂糖を加えると、ほんのりとした甘みが感じられて食べやすくなり、おすすめです。
(金)昼食「豆入りコンソメスープ」「トマトのチーズ焼き」「きのこのマリネ」「ヨーグルトゼリー」 グラタンはバターの使用量が多くなるのでカロリーオーバーには注意です。トマトのチーズ焼きには、牛乳やじゃが芋のでんぷんを活かしてバターやチーズの量は最小限にしています。アボカドは黒と緑の中間の色でツヤのあるもの、加熱する場合は少し固めのものを選ぶのがおすすめです。冷凍保管の時は、皮を剥いてレモン果汁をかけると変色を抑えられます。
(金)夕食「舞茸ごはん」「豚汁」「里芋と鶏肉の揚げ出し」「おからの炒り煮」 秋は新米の季節。きのこや栗なども旬を迎えるので、炊き込みごはんがおすすめです。舞茸は独特の香りがあり食欲を増進させてくれます。ご飯にきのこ類を入れて炊く際は、きのこから旨みたっぷりの水分が出るので水加減を少なめに調整します。
(土)朝食「根菜チキンサンド」「ミネストローネ」「グリーンサラダ」 野菜は一般的に温かい時期は地上に育つもの、寒い時期は地中に育つものが旬と言われています。根菜は食物繊維が豊富なものが多く便秘対策に効果的です。旨みも増している旬に楽しむのがおすすめです。パンのみで朝の食事を済ませずに、具沢山のサンドウィッチやスープ、サラダで野菜をしっかり食べましょう。
(土)昼食「太巻き寿司」「厚揚げと蒟蒻の田舎煮」「豆乳茶碗蒸し海老あんかけ」 混ぜ寿司や巻き寿司は、いくつもの食材を一度に食べることができ、多少時間が経っても美味しく食べられます。ぜひご家庭でお好きな具材で作ってみてください。当院では鮭、きゅうり、かんぴょう、玉子の4種の具材を使っています。特にかんぴょうはむくみに作用し、おすすめの食材です。
(土)夕食「魚の照焼き」「青菜と人参の白和え」「長芋の酢の物」 銀ダラは脂気が強い白身魚です。網焼きにして脂を落としてもいいですし、フライパンなどで焼く場合は余分な脂を摂るようにすると食べやすくなります。甘辛い味はご飯が進みますが高血圧予防のために薄味を心がけましょう。白和えには歯応えを良くすることで噛む回数が自然に増えるように胡桃を入れています。
(日)朝食「ねぎ入り玉子焼き」「切干大根の和え物」「納豆」 玉子焼きは朝食やお弁当の定番というご家庭も少なくないと思います。卵だけで作るのも良いですが、しらすを入れたり、大葉や海苔を入れたりしてアレンジしてみましょう。味の変化はもちろん、栄養のバランスも良くなります。だし汁を多めに入れるとフワッとジューシーな食感になります。
(日)昼食「山菜そば」「鶏肉と秋野菜の天ぷら」「かきのもとのおひたし」 天ぷらをサクッカリッと仕上げるポイントは、@衣はどろっとさせずに冷やすこと、A油は180℃程度の高温を維持させることです。また、サラダ油に少しごま油を混ぜると香りの高い天ぷらができます。
(日)夕食「グリーンピースのポタージュ」「カツレツのパプリカソース」「アボカドサラダ」 カツレツは少なめの油で揚げ焼きをしてカロリーをカットしています。また、パン粉を細かく砕くことで油の吸収を抑えられます。パプリカソースは酢を多めに使用しているのでさっぱりとした味わいです。見た目も鮮やかなので食欲も増します。サラダのドレッシングにもおすすめです。
(月)朝食「ペイザンヌスープ」「チキンチャップ」「マカロニサラダ」 鶏むね肉は脂が少なく高たんぱく質なので積極的に取り入れとほしい食材のひとつです。加熱すると硬くなりやすいのが特徴です。食感のパサつきが苦手な方は切り方を工夫しましょう。繊維を断つようにそぎ切りにすると質感が柔らかくなります。
(月)昼食「新潟ぶりカツ丼」「ぜんまい煮」「長芋そうめんの酢の物」 佐渡の名物となっている「ぶりカツ丼」。丁度良い脂身加減なので食べやすい丼ぶりです。甘めのタレとの相性も良く、人気のメニューです。ぜんまいは山菜の代表。春〜初夏が旬なので、秋冬は乾物や塩漬けを利用すると良いでしょう。アク抜きをしっかりすれば、煮物以外にも和え物やナムル、炒め物など様々な料理に生かすことができます。
(月)夕食「豚肉の野菜巻き特製甘酢ソース」「さつま芋のサラダ」「茄子の揚げ出し」 パプリカは中南米原産のとうがらしから辛みを抜いて品種改良された肉厚のピーマンです。黄色→オレンジ→赤色の順で栄養価が高くなり、ビタミンCを豊富に含んでいます。肩の部分が盛り上がって肉厚なものは味が良いとされ、シワのよっているものは収穫してから時間が経っている証です。
(火)朝食「エノキのさっぱりスープ」「魚のチーズ焼き」「チンゲン菜の中華和え」 魚にはカッテージチーズを使っています。チーズは高脂肪で高カロリーなものが多いですが、カッテージチーズは他のチーズの1/3〜1/4ほどのカロリーです。少しあっさり、さっぱりした印象ですがコクがあって美味しいです。お料理にはもちろん、デザートづくりにもおススメです。
(火)昼食「焼きおにぎり(醤油/大葉味噌)」「田舎汁」「かぶのそぼろあんかけ」「野菜さっぱり漬け」 醤油や味噌は発酵という微生物の力を利用して作られる日本伝統の調味料です。塩分が高いことに目がいきがちですが、発酵食品は腸内環境を整えるために必要不可欠です。適塩は守りつつ、調味料の選び方や使い方も意識してみてください。慣れ親しんでいる味や好みもありますが、どれを選べばよいか悩む方は、本醸造のものを試してみてください。
(火)夕食「筑前煮」「いかの酢みそ和え」「豆腐サラダ」 旬のごぼうを使用した筑前煮。ごぼうを食べる文化は世界でも珍しいそうです。特徴は腸内環境を整える豊富な食物繊維を含んでいることです。アクが強いので、水にさらしてアク抜きをしますが、アクにはポリフェノールが含まれているので、アク抜きのしすぎには注意が必要です。
(水)朝食「カリフラワーシチュー」「ささみと蓮根のサラダ」「小魚アーモンド」 カリフラワーはわずかな苦みを感じるため苦手な方もいますが、低カロリーで、茹でる、焼く、蒸す、揚げる、煮るなど様々な調理に向いているので使いやすい食材のひとつともいえます。また、腎機能の低下にも作用するといわれています。
(水)昼食「キャベツスープ」「魚のソテーサルサ風ソース」「野菜のフリッター」 サルサソースには米酢を使用しています。酢の酸味はさっぱりした味に仕上がり、血行不良などに作用するので積極的に取り入れましょう。バルサミコ酢やアップルビネガーなども日本人の味覚に合うのでおすすめです。
(水)夕食「さんまの炊き込みごはん」「豆腐とカニのとろみ汁」「きのこの春巻き」「かぼちゃのはちみつ煮」 はちみつは上白糖に比べると吸収が早いので(約20分程)簡単にエネルギーチャージができます。美容食品の印象が高いですが、含まれているビタミンやミネラルはわずかです。上白糖と比べるとカロリーは少ないですが、低GI食品ではありません。甘みにコクやまろやかさを感じるので、お料理に使用すると深みが増します。
(木)朝食「厚揚げのきのこあんかけ」「ちくわとごぼうの炒め煮」「彩り野菜の酢漬け」 厚揚げは一度油で揚げているので湯通し等で油抜きをしてから使用すると余分な油を落とせます。きのこは種類にもよりますが、からだを冷やす作用のあるものが多いので、唐辛子や生姜などと合わせて体を温める料理に変化させるのがおすすめです。
(木)昼食「海老のすり身トースト」「トムヤムクン風スープ」「玉子と春雨の炒め物」「あっさりきゅうり」「レモンゼリー」 アジアン風のメニューです。パンに、海老とひき肉を合わせたすり身を塗って油で揚げたトーストは香ばしさがクセになる一品です。少し しっかりめの主食ですのでスープや副菜はさっぱり食べられるものを組み合わせました。スープは辛味は付けず、海老のだしと酸味を感じる味付けにしています。
(木)夕食「五目おこわ」「豚しゃぶのサラダ塩麹ドレッシング」「ブロッコリーの和風マリネ」 具をたっぷり入れた五目おこわは色々な食材の味が楽しめ、おにぎりにして間食に利用することもできるのでおすすめです。おこわモードが備わっている炊飯器が多いですが、蒸し器で蒸かすとよりもっちり感を味わえます。具はお好みですが、海藻類(ひじき)や豆類(大豆や油揚げ)など不足しがちな食材を選ぶと良いです。
(金)朝食「焼魚」「蓮根とセロリの金平」「わかめの酢の物」 蓮根は11月頃から旬を迎えます。特徴は豊富に含むでんぷん、ビタミンC、ミネラルです。印象的なネバネバは「ムチン」という成分で消化吸収を促進してくれます。(里芋の粘りと同じ成分です)切ったあとは酢水に浸けておくと“シャキシャキ”の食感に、真水に浸けておくと“ほっくり”とした食感になります。
(金)昼食「ワンタンスープ」「青椒肉絲」「青菜の梅おかか和え」 中華料理の定番の一品です。当院の青椒牛肉絲は牛肉のモモの赤身肉を細切りにして使用しています。細切りにすること、少し多めの油で炒めることで、お肉が硬いと感じたりパサついたりする印象はほとんどありません。牛のモモ肉(赤身)には鉄分が豊富に含まれていて貧血予防にも効果があります。
(金)夕食「魚のムニエル」「カポナータ」「きのこのイタリアンソテー」 ムニエルはフランス料理のひとつです。カリッとした食感を楽しむために、@小麦粉は焼く直前にふる、A粉は薄く均等にまぶす、B焼いた後はしっかり油をきる、などに気をつけましょう。比較的さっぱりした魚を使用することが多く、舌平目、鮭、ホッケなどが向いています。
(土)朝食「豆乳フレンチトースト」「きのこのスープ」「ミモザサラダ」「プルーン紅茶煮」 フレンチトーストといえば牛乳と卵、砂糖で作るのが一般的です。牛乳を豆乳に変えるとミネラルやビタミン類の摂取が期待できます。牛乳にはカルシウムが多く含まれていて、豆乳には鉄分が多く含まれています。どちらが良い悪いではなく、どちらも積極的に取り入れるのが理想です。
(土)昼食「さつま芋ごはん」「鶏肉の治部煮」「茄子のめかぶ和え」 秋の味覚のひとつ、さつま芋は食物繊維が豊富に含まれています。その量はじゃが芋と比べると約3倍といわれています。抗酸化作用をもつビタミンCやカリウムが多く含まれているのも特徴で、カリウムはむくみの防止に効果があります。皮に栄養が多いので、できるだけ皮ごと食べるようにするのがおすすめです。
(土)夕食「魚のホイル焼き」「のっぺ煮」「野菜の土佐和え」 のっぺは新潟の郷土料理。里芋を主とした野菜や肉などで作る煮物です。里芋はぬめりにはムチンという成分が含まれ、肝臓や腎臓の弱りをサポートしてくれるといわれています。長芋、なめこ、モロヘイヤにも含まれています。新潟の五泉地方で採れる里芋「帛乙女(きぬおとめ)」は、まろやかな味わいが人気で親しまれています。
(日)朝食「炒り豆腐」「なめこのおろしポン酢」「とろろ納豆」 豆腐の原料である大豆は栄養価が高い食品です。肉や魚に匹敵するくらいのたんぱく質、悪玉コレステロールを下げる良質な脂質、豊富なミネラルなど体に良いとされる栄養を含んでいます。豆腐はその大豆の成分をほとんど残したまま作られるので豆腐の栄養価も高いことになります。
(日)昼食「ツナときのこのパスタ」「カラフルスープ」「スパニッシュオムレツ」 ツナ缶は鉄分が多く常備もできるので妊婦の方や授乳中の方には積極的に使用してほしい食材です。おうちで手軽にワンディッシュとしてパスタ料理を選ぶ方はたんぱく質を多く含む食材(肉、魚、卵、豆など)やミネラル・ビタミンを多く含む食材(野菜、きのこ、海藻など)を多めに入れて栄養のバランスを摂るようにしましょう。
(日)夕食「ビーフドライカレー(玄米ごはん)」「海藻サラダ」「バナナヨーグルト」 玉ねぎはビタミン類の吸収を助け、疲労回復の手助けをする働きがあります。玉ねぎとトマトをベースに作るカレールゥはじっくり炒め煮るので、まろやかで、コクと甘みの中にスパイシーさが広がるように仕上げています。
(月)朝食「さつま芋粥」「焼魚」「大根の金平」「わかめの酢の物」 小鉢におすすめは酢の物。お酢にはビタミンやミネラル類の栄養吸収を助ける効果があります、とくに不足しがちなカルシウムの吸収をサポートしてくれます。また、血行を促進して疲労回復にも効果があります。からだを冷やす作用もあるので1日30ml程度を目安にすると良いです。
(月)昼食「特製ロコモコ丼」「エリンギスープ」「コブサラダ」 丼物などは野菜が不足しがちなのでサラダやスープで補うようにしましょう。エリンギは取扱いが手軽で、和洋中問わず様々な料理に使用できます。きのこ類に含まれる豊富な食物繊維は排便を促進して腸内をキレイに保つと言われています。カリウムも多く含まれているので、高血圧などの生活習慣病予防に良いとされている食品のひとつです。
(月)夕食「白麻婆豆腐」「海老入り揚げ餃子」「野菜の塩もみ」 辛みを抑えた白麻婆豆腐は最後に山椒をふって少しスパイシーさを出します。ご飯はもちろん、麺類との相性もよいです。揚げ餃子には海老をたっぷりいれています。カロリーカットを意識したい場合は水餃子や蒸し餃子にしましょう。
(火)朝食「トースト」「クラムチャウダー」「野菜サラダ」「プルーン入りヨーグルト」 クラムチャウダーはあさりなどの魚介のダシが効いたシチューに似たスープ。豆乳を使うことによりヘルシーになります。最近ではアーモンドミルクやオーツミルクも注目されるようになりました。少しずつ栄養価に違いはありますが、牛乳の代替品としてや、バリエーションを増やすために使用するのもおすすめです。
(火)昼食「ビビン麺」「鶏のつくねアジアン風」「わかめのサラダ」「烏龍茶ゼリー」 鶏つくねはバジルを入れてアジアン風に仕上げています。バジルはイタリアンでもよく使われますが、原産国はインドや熱帯アジアです。葉の表面をかるく揉むと香りが立ちます。一度に食べる量は少ないですが、ビタミンやミネラルが豊富なハーブです。
(火)夕食「魚と茄子のみぞれあんかけ」「干しかぶ煮」「青菜の酢みそ和え」 鱈の旬は12〜1月です。脂肪分が少なくあっさりした魚ですが、加熱しても固くなりづらい食材です。ビタミンAが豊富ですので、粘膜を守り風邪を引きにくくしてくれます。魚は、生のまま置いておくと旨み成分(イノシン酸)が分解されてしまうので、できるだけ新鮮なものを選ぶようにしましょう。
(水)朝食「蝦(シャー)仁(レン)豆腐(トウフ)」「春雨の胡麻サラダ」 蝦仁豆腐は豆腐と海老を使用した中華煮込みです。塩味のあっさりとした味わいに仕上げています。炊いたごはんにかけても良いですし、お粥にかけても美味しく食べられます。サラダはマイルドな風味でクセがない白ごまのドレッシングを使用しています。
(水)昼食「ほうれん草のスープ」「中華風グリルチキン」「わかめときゅうりの塩レモン風味」 ほうれん草はヨーロッパでは“胃腸のほうき”と呼ばれるほど便秘解消の働きが大きいです。冬のほうれん草は夏に比べてビタミンCを3倍ほど含みます。茎の赤みが強いものは栄養価が高く、新鮮な証です。赤い部分はマンガンを含んでいますのでしっかり土を落として無駄なく食べるのがおすすめです。
(水)夕食「ポークジンジャーソテー」「ふろふき大根」 豚肉は糖質の分解や疲労回復に役立つビタミンB1が多く含まれています。一日に摂りたいお肉の量の目安は60gです。(妊娠の時期やお肉の種類によって異なります)大豆などの植物性たんぱく質に比べると、肉や魚の動物性たんぱく質は体内で利用しやすく、必要なたんぱく質量は比較的摂りやすいといわれています。適量を守ってバランスよく食べましょう。
(木)朝食「焼魚」「切昆布煮」「納豆」 切昆布は食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄分などミネラル類を中心に栄養素がたくさん。煮物としてお作りしていますが、佃煮や酢の物にもおすすめですし、炒め物や炊き込みご飯などにいれても美味しいです。
(木)昼食「チンゲン菜と竹の子のスープ」「黒酢酢豚」「もやしのナムル」「杏仁豆腐」 一般的に酢豚には豚バラ肉を使用することが多いですが、当院ではカロリーを抑えるためにヒレ肉を使用しています。下味におろし生姜を揉みこんでおくと軟らかさが増して食べやすくなります。野菜もたっぷりとれるので旬の食材とともに食べたい一品です。
(木)夕食「栗おこわ」「長芋とかぶのカニあんかけ」 もち米とうるち米の栄養成分はあまり変わりませんが、鉄分はうるち米の方が多く含んでいます。当院では、うるち米の割合を多めにして、食べやすいおこわを炊いています。長芋はや肌の乾燥や、疲れやすい方におすすめの食材です。このお料理は、カニの風味をしっかり効かせたスープと大きめに切ったカブと長芋の相性が◎ すこしずつ気温が低くなるこの時期にぴったり。
(金)朝食「魚のレモン焼き」「ひじきの煮物」 薄めの醤油味とレモンのスライスで一晩じっくり浸けて焼く魚のレモン焼きは、普通の塩焼きと異なり塩分を抑えることができます。とくに白身魚とレモンの相性は良いのでおすすめです。
(金)昼食「鶏肉と押し麦のジンジャースープ煮」「茄子のミートグリル」「生野菜サラダ」 時間をかけてじっくり煮込んだスープ煮は鶏肉の旨みや野菜の甘みがはっきり分かるほど。寒い日が増えていきますので、食べ物のチカラで体を温めることを意識しましょう。茄子のミートグリルは素焼きにした茄子にミートソースをかけてオーブンで焦げ目をつけるようにして焼きます。ミートソースはパスタだけでなく、様々なお料理に使えますので多めに作って常備しておくと良いです。
(金)夕食「具たっぷり中華丼」「中華風コーンスープ」「豆もやしのサラダ」 中華丼にはたくさんの食材を使用しています。そのうちの白菜は90%近くが水分ですので、栄養面での評価は高くありません。その中でも風邪予防のビタミンC、代謝を促進するビタミンB群が多いと言われています。黒い斑点が見られることがありますが、栄養過多の細胞ですので気にせず食べて大丈夫です。
(土)朝食「きゅうりとチーズのサンドウィッチ」「ざっくり野菜のポトフ」「ごぼうサラダ」 ポトフは野菜の甘みを感じつつ栄養をしっかり摂れる一品です。キャベツは“キャベジン”と呼ばれるビタミンUを豊富に含み、胃腸の粘膜を正常に保つ働きをします。キャベツは調理法が多岐にわたるので便利な食材です。寒い時季は煮込み料理がおすすめです。選ぶときは葉の巻きが固くて ずっしりと重いものを選ぶと良いです。
(土)昼食「ちらし寿司」「かぼちゃ団子スープ」「魚のソテー〜おろしポン酢」 スープに入っている かぼちゃ団子は茹でつぶしたかぼちゃと白玉粉で作っています。色鮮やかに仕上がり、食卓が華やかな印象になります。じゃが芋やさつま芋での代用もできます。大根は秋からが旬で甘さがぐっと増します。煮ても漬けても美味しいですが、おろすことで酵素が増してたんぱく質や脂質の消化を助けてくれます。またビタミンCやカリウムが豊富です。時間が経つと酵素が減ってしまうので、食べる直前におろしましょう。
(土)夕食「ミルクスープ」「豚肉のアップルソース」「ほうれん草ときのこのサラダ」 りんごは秋から冬にかけていくつもの品種が順番に収穫時期を迎えます。今年は台風の影響でキズが目立ち見た目はイマイチですが、甘みの強いりんごが多いそうです。皮ごとおろしてソースにしたり、もちろんそのまま食べたりなど、お料理にだけでなくお菓子作りや間食にも楽しんでみてください。
お食事(配膳)の時間
朝食7:30
昼食11:45
おやつ(産後の方)15:00
夕食17:45

ごはんは、白米、七分米、玄米を使っています。
産後の方には、火曜日か金曜日の昼食に「お祝い善」をお楽しみいただきます。
衛生上、お食事が終わりましたら、お早めにラウンジの配膳車へ下善をお願いします。(夕食は19時までにお願いします)医師の指示により安静の必要な方は下善へ伺います。
お茶の必要な方はお申し付けください。(厨房 内線20番)
予期なくメニューを変更する場合もございます。

メニュー検索

米は精白度合いによって栄養価に差があります。
玄米 もみ殻を取っただけのお米。糠層(米ぬか)や胚芽が残り、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富な完全食です。
七分米 糠層を7割除いたお米。胚芽部分も残っており、栄養価も豊富で消化は良いです。
白米 胚乳部分だけの真っ白なお米。栄養価は玄米より劣りますが、98%の高い消化吸収率です。
☆玄米は消化に時間がかかります。よく噛んで消化を助けましょう。

良い母乳を出すために何を食べたらいいの?
水分 まずは水分をしっかりとりましょう。
カリウム 母乳に多くでていきます。カリウム不足にならないように野菜をしっかりととりましょう。
ビタミンK 不足すると赤ちゃんが頭蓋内出血などを起こすことがあります。ビタミンKを多く含む食品には、納豆、モロヘイヤ、ほうれん草、小松菜、海藻類などがあります。
☆赤ちゃんのアレルギー予防のためにも偏食せず、多種多様な食材をバランスよくとりましょう。

カルシウム(Ca)のこと
カルシウムは、妊娠中に胎児の骨を形成し、授乳中は母乳に分泌されますので、不足しないように心がけなえればなりません。 しかし、カルシウムは吸収率が悪く、牛乳は55%、魚は40%、野菜は20%未満です。
スキムミルク 低脂肪でカルシウム補強ができます。
@卵、魚や肉に加える。A味噌に加える。B小麦粉やパン粉に加える。
☆様々な食材、料理とあわせてカルシウム不足に気をつけましょう。

来週もお楽しみに・・・


お祝い膳
ご出産後、火曜日か金曜日に お祝いの豪華お食事がございます。
その他、情報
インフォメーション
  • 医療法人社団 幸羽会 
    エンゼルマザー クリニック
  • 母胎保護 指定病院
  • 診療科目/ 産科、 婦人科
  • 診療時間/
    午前の診療
    9:00〜 12:30 (月火水木金土)
    午後の診療
    15:00〜 18:00 (月火 木金 )
    診療時間

    9:00

    12:30

    15:00

    18:00


    産科 外来    婦人科 外来   
    産科 予約外来  婦人科 予約外来 
  • 初診受付時間
    午前9:00〜 12:00
    午後3:00〜 5:00
    出来るだけ 電話連絡されて からの ご来院を お願い いたします。
  • 休診日/ 水曜の午後、 土曜日午後、 日曜日・祝日
  • 入院設備/ 個室11室(特室2室)、 4人2室、回復室1室
  • 駐車場/ 第一駐車場25台、 第二駐車場5台
  • 住所/ 950-0962  新潟県 新潟市中央区 出来島1丁目5-15
  • TEL/025-281-1103  FAX/025-281-5503
  • Wi-Fi使えます。
▲Topへ
HOME診療案内院内施設その他のご案内